安さで選ぶ|インターホンを交換しよう!ドアから始まる快適生活

安さで選ぶ

インターホン

各種メーカーからインターホンを選ぶことが可能

インターホンは、最初に取り付けられているものと同じものを使用し続けなければならないということはありません。基本的にはボタンを押すことによってチャイムが鳴ったり、それによって通話ができるようになったり、取り付けられているカメラで映像を確認できたりするだけで、インターホンは他の種類のものに交換することが可能です。もし建売住宅で付いていたインターホンの使い勝手が悪いなどの不満がある場合には交換するだけで解決することができます。各種メーカーからインターホンを選ぶことが可能であり、個々のメーカーも多数の商品のラインナップを持っているので好みに応じた選択ができるのが魅力です。チャイムの音にこだわりを持つことも、カメラの性能や撮影される範囲に着目するのも通話の音質にこだわるのも自由であり、インターホンそのもののデザインを選択基準にすることもできます。手軽に交換することができるので不満があるときには検討してみましょう。

ネットで購入すればかなりお得

インターホンは種類によって価格に大きな差があります。高性能になれば高くなり、頻繁に色々な場所で使われていて流通量が多ければ安くなる傾向があるのは他の製品とあまり違いはありません。概してメーカーから直販で買うと定価になってしまって高くなりがちですが、ネットで購入すると激安で販売されているものが見つかる場合がよくあります。最新のインターホンの売り出しはそれほど多くはないものの、量産されているインターホンを格安で仕入れた業者が安売りをしていることは珍しくありません。また、インターホンなどの住宅設備を専門に扱っている業者ではホームセンターや家電量販店などよりも安く扱っていることが多く、店頭で探すよりも安上がりになるのが一般的です。ネットショップの種類によってはわずか数種類しか扱っていない場合もありますが、多数のインターホンを扱っているショップもあるので店頭にないものを手に入れられる可能性も秘めています。

取り付けや交換は業者にまかせよう

インターホンを購入して取り付けるのは個人が行うこともできないわけではありません。しかし、正しく配線をして取り付けないと機能しないという問題があります。また、新規に取り付けるときには設置場所を選び、場所によっては壁材を加工しなければならない場合もあるので素人には難しくなりがちです。交換のときにはそれまで設置していたインターホンと入れ替えても形跡が目立たないようにすることも大切ですが、大きさが違うと日焼けの跡が見られてしまうこともよくあります。重さが違うと同じ場所に取り付けられないこともあるのです。そのため、取り付けや交換を行うときには電気関係の資格を持っていて建築にも詳しい業者に任せるのが安全策です。インターホンの交換を専門に行っている業者もありますが、一般的なリフォームを担っている業者も対応してくれます。プロとしてインターホンの取り付けや交換を行っている実績がある業者に任せるのが安全策です。

見積もりを取ってから依頼するのがポイント

インターホンの取り付けや交換を業者に依頼するときには、まずは見積もりを取ることが肝心です。まだインターホンを購入する前であれば、その時点で相談を持ちかけて見積もりを取るようにした方が良いでしょう。既に購入してあるインターホンを取り付けてもらうよりも、業者が持っているインターホンを購入して設置してもらった方が安上がりになることが多いからです。業者からインターホンを購入した場合と、自分でインターホンを用意した場合での費用についての見積もりを取って、ネットでインターホンを購入するのが良いかどうかを調べてみると安上がりにできます。また、工事費用については業者が独自に定めているため、他の業者からも見積もりを取って比較すると他の業者の方が安く設置してくれることも珍しいことではありません。複数の業者から見積もりを取って比較していくと安くインターホンの設置を行えます。アフターサービスの違いも考慮して安心して利用できる業者に依頼するのがポイントです。

広告募集中