新着情報

[PR]

インターホンが激安価格で購入可能!
簡単に設置できる製品を多数販売

インターホンの取り付けはプロにお任せ!
プロが迅速に対応してくれる

インターホンの交換を専門家に頼もう
優良企業を厳選紹介

自分でも交換可能

玄関

インターホンの取り付けは難しい?

ドアの隣に設置するインターホンは、壁に取り付けるものであり、自分で行うことが困難なイメージがあります。基本的には、専門の業者に依頼して取付けるものが多数を占めますが、一部の種類に関しては自分で行うことができます。具体的には、内部の電源やガス警報器などの器具と直結している、壁に埋め込まれている形式、電話機などと接続されている場合は、特殊な資格や安全性の関係から専門の業者に依頼します。一方で、インターフォンが電源プラグで接続されているものや乾電池式であれば、配線工事等が不要となるため、規格にあったものを用意することで自分での交換も可能です。交換するときはインターフォンの電源を切った状態で、親機と子機をつないでいる配線をまず外しますが、インターフォンをつなぐ配線は2つであるものが多数です。続いて古い機器の取付枠と金具を外し、新しい機器の取付枠と金具をセットします。そして機器に配線をつなぎ、その状態で取付枠または金具に固定させた上で、電源を入れて作業が完了します。配線は無極性となっている関係で逆につないだとしても、電源が入らない事態を避けることができます。また用意するのは、固定させているネジを回すためのドライバーのみとなっているため、比較的簡単に設置することができます。しかし、もし自身が無かったり、やり方がいまいち理解できていない場合は最初から業者に依頼して設置してもらった方が無難でしょう。

最新のインターホンに交換しよう

家電量販店で販売されているインターホンは、外の画像を映す、来客時の映像を録画して記録するといった防犯面を意識したものが主流です。テレビモニター付きのインターフォンにはLEDライトの標準装備、録画または静止画保存機能が主な機能となっています。より高い録画機能や広角カメラ、ワイヤレスモニターが設置されているものは高価格帯の製品としてラインナップされています。価格帯も一般的なもので1万円前後、高性能型でも2万円台で購入可能であることから、予算や世帯数、必要な機能に応じて選べることが特徴です。テレビモニター付きインターフォンの取り付けに関しても、電源プラグ設置型であれば作業手順に変わりはなく、簡単に設置が可能となります。こうした種類のインターフォンの設置条件として、裏側に設置されている、映像や音声を出力させるためのチャイムコードが配線されているかを確認することが必要です。後は、モニター付きの親機とカメラ付きの子機をドライバーを使って交換することで作業が完結します。なお、電源コードが直接接続されている機器は、電気工事士の資格を持った専門の業者に依頼することになるので注意します。自分にあった低価格のインターフォンを購入して自分で取り付けることにより、激安で設置が可能です。

[PR]

広告募集中